玄関ドアの選び方:見た目と機能性を両立させるコツ

query_builder 2024/07/05 新築 価格 リフォーム
この記事では玄関ドアの選び方について、見た目と機能性を両立させるためのコツとともに、様々な種類のドアや特徴、チェックポイントなどを詳しく解説しています。自分の家にぴったりな玄関ドアを選ぶための情報が満載です。
イースタイルホーム
ロゴ
自由設計の注文住宅サービスを適正価格で提供いたします。ライフスタイルに合わせた設計、環境に優しい素材の選定、そして長期にわたる保証制度まで、愛知で、住み続けたいと思える家づくりを徹底サポートします。
イースタイルホーム
住所:

〒476-0003

愛知県東海市荒尾町41-1

電話番号:
0120-131-062

玄関ドアとは?

玄関ドアは家の顔とも言え、外観だけではなく室内の印象にも大きく影響します。そのため選び方には注意が必要です。

玄関ドアの役割

玄関ドアは、家の顔とも言える重要な要素です。その役割は多岐にわたります。まず、玄関ドアは家の内部と外部を分ける遮断役としての役割があります。外部からの気温や騒音を遮断し、室内の快適な環境を保ちます。また、防犯の観点からも重要な役割を果たしています。玄関は一般的に、侵入者が最初に目指す場所です。そのため、防犯対策として玄関ドアは強固で安全性の高いものである必要があります。さらに、玄関ドアは家を表現する一面を持っています。外観の一部として、家のデザインやスタイルを象徴します。そのため、見た目の美しさや調和も重要な要素です。玄関ドアは単なる出入り口ではなく、家の印象を左右する重要な要素であるため、選び方には慎重になる必要があります。

玄関ドアの種類

玄関ドアには、さまざまな種類があります。まずは、開閉方式による分類です。一般的な開き戸の他に、引き戸や折りたたみ戸、スライド式のドアなどがあります。それぞれの開閉方式には、特徴やメリットがあります。例えば、引き戸は節約スペースができるため、狭い玄関空間でも利用しやすいです。折りたたみ戸は、開閉幅を調整できるため、風通しを調節したり、プライバシーを確保したりすることができます。スライド式のドアは、スムーズな開閉が可能で、省スペースなデザインが特徴です。

また、素材による分類もあります。木製の玄関ドアは、自然な風合いや温かみがあるため、リラックスした雰囲気を演出できます。また、アルミやスチールのドアは、耐久性や防犯性が高く、メンテナンスも比較的簡単です。さらに、ガラスを使用したドアも一部で人気があります。ガラスを使うことで、明るい光が玄関に入り込み、開放感を演出することができます。ガラスには、透明タイプのみならず、模様や色が入ったデザインのものもあり、個性豊かな玄関ドアを作り出せます。

他にも、デザインや装飾による分類もあります。シンプルなデザインのドアから、クラシックやモダン、和風など、さまざまなスタイルのドアが存在します。また、ドアには彫刻やパターン、窓などの装飾が施されることもあります。これらの装飾やデザイン要素を活用することで、玄関ドアに個性や魅力を与えることができます。

玄関ドアの種類は、見た目や機能性、使用する空間に合わせて選ぶことが重要です。自分の家のスタイルやイメージに合った玄関ドアを選ぶことで、家の印象がより一層引き立ちます。

玄関ドアの選び方

理想的な玄関ドアを選ぶためには、何を重視するかによって選び方・考え方が異なります。

デザインを選ぶ

玄関ドアを選ぶ際には、まずはデザインを重視することが大切です。玄関ドアは家の顔とも言える存在であり、外観やインテリアとの調和が求められます。

まず考えるべきポイントは、家全体のスタイルや色合いに合わせることです。玄関ドアは、外観の一部として全体の統一感を作り出す役割があります。例えば、モダンなスタイルの家であれば、シンプルでミニマルなデザインのドアがマッチします。一方、クラシックなスタイルの家では、彫刻や装飾が施された豪華なデザインのドアが適しています。家のスタイルやテーマに応じて、デザインを選ぶことで、一体感のある外観を作り出すことができます。

また、室内との調和も考慮してドアを選ぶことが重要です。玄関から見える室内の内装や家具とのバランスを考えることで、統一感のあるデザインを実現できます。例えば、木製の床や家具を使用している場合は、木目が美しく調和するドアを選ぶと良いでしょう。また、明るいカラーパレットの室内には、明るい色調のドアがよく映えます。インテリアとの調和により、室内全体がより魅力的に見える効果も期待できます。

デザインを選ぶ際には、自分の好みやセンスも重視しましょう。自分が心地よく感じるデザインのドアを選ぶことで、玄関に入るときの気分も高まります。玄関は家への入り口であり、ゲストを出迎える場所でもあります。そのため、玄関ドアのデザインは、自分自身や家族、訪れる人々にとっても心地よく、魅力的なものであるべきです。

適切なデザインの玄関ドアを選ぶことで、家の印象をより一層引き立たせることができます。外観やインテリアとの調和を考慮し、自分の好みに合ったデザインを選んでください。

機能性を選ぶ

玄関ドアを選ぶ際には、見た目だけでなく、機能性も重視することが大切です。特に、防犯対策や断熱性、便利な機能に注目して選ぶことが求められます。

まず、防犯性は重要な要素です。玄関は侵入者が最初にアプローチする場所であり、セキュリティ上のポイントです。したがって、玄関ドアは防犯対策が十分に施されていることが重要です。鍵の種類や窓の有無、ドアの材質などをチェックして、防犯性を確認しましょう。高品質な鍵や頑丈な材質のドアを選ぶことで、安全性を確保することができます。

また、断熱性や遮音性も機能性の要素として考慮すべきです。玄関ドアは外部の気温の影響を受けやすい場所です。適切な断熱性能を持ったドアを選ぶことで、室内の温度を保ちやすくなり、エネルギー効率も向上します。さらに、遮音性も重要な要素です。外部からの騒音を軽減することで、静かな室内空間を実現できます。玄関ドアの素材や構造を確認し、断熱性や遮音性の性能をチェックしましょう。

さらに、便利な機能も考慮することがおすすめです。例えば、自動開閉機能や遠隔操作が可能なシステム、センサー機能など、快適さや利便性を高める機能が存在します。これらの機能を活用することで、ドアの開閉がスムーズに行えたり、手軽に遠隔操作ができたりします。自分の生活スタイルやニーズに合わせて、便利な機能を備えた玄関ドアを選びましょう。

玄関ドアを選ぶ際には、見た目だけでなく、機能性も重要な要素です。防犯性や断熱性、便利な機能を考慮しながら、自分に合った玄関ドアを選んでください。快適で安全な玄関環境を作り出すことができます。

デザインの選び方

自宅に適したデザインの玄関ドアを選ぶには、いくつかのポイントがあります。

外観との調和

玄関ドアを選ぶ際には、外観との調和も重視することが大切です。家全体のスタイルや色合いに合わせたドアを選ぶことで、統一感のある外観を作り出すことができます。

まず、外観との調和を考える上で重要なポイントは、家のスタイルや色合いを考慮することです。例えば、モダンなスタイルの家には、シンプルで洗練されたデザインのドアが相性が良いでしょう。一方、クラシックなスタイルの家には、彫刻が施された豪華なデザインのドアがマッチします。家のスタイルやデザインテーマに応じて、ドアを選ぶことで、一体感のある外観を実現することができます。

また、色合いも大切な要素です。外壁や外部の塗装色に合わせて、ドアの色を選ぶことで、統一感を演出できます。例えば、落ち着いたトーンの外壁には、ネイビーやダークグレーなどの深みのある色を選ぶとよいでしょう。一方、明るい色の外壁には、ホワイトやパステルカラーなどの明るい色が映えます。ドアの色を適切に選ぶことで、家全体の印象を引き立てることができます。

さらに、玄関から見える内装や家具との調和も考慮すべきです。玄関から室内を見ることができる場合、内装や家具とのバランスを考えることで、より一体感のあるデザインを実現できます。例えば、暖色系の床や家具と相性の良いウッディな質感や色合いのドアを選ぶと、室内との調和が生まれます。また、室内のカラースキームに沿った色合いのドアを選ぶことで、統一感のある室内空間を演出できます。

外観との調和を考えながら、玄関ドアを選ぶことで、家全体の印象を引き立たせることができます。家のスタイルや色合い、室内とのバランスを考えながら、自分に合ったドアを選んでください。一体感のある美しい外観を創り出すことができます。

室内との調和

玄関ドアを選ぶ際には、室内との調和も重要な要素です。玄関から見える室内の内装や家具とのバランスを考えながら、ドアを選ぶことで、室内もより魅力的に引き立たせることができます。

まず考慮すべきポイントは、玄関から見える内装との調和です。玄関ドアは室内と外部を分ける境界線でありながらも、室内から見ることができる場所です。そのため、ドアのデザインや素材を、室内のスタイルやテーマに合わせて選ぶことが重要です。例えば、モダンな室内空間には、シンプルで洗練されたデザインのドアが適しています。一方、クラシックな室内には、彫刻や装飾が施された豪華なデザインのドアがマッチします。室内との調和を考慮してドアを選ぶことで、室内のテイストや雰囲気を引き立たせることができます。

また、家具とのバランスも重要です。玄関から見える位置にある家具との相性を考えながらドアを選ぶことで、全体のバランスを整えることができます。家具とドアの素材や色合いを合わせることで、統一感のある室内空間を演出できます。また、家具とドアのスタイルも合わせることで、相互に引き立ち合う効果が生まれます。例えば、モダンな家具にはモダンなデザインのドアがマッチし、クラシックな家具にはクラシックなデザインのドアが調和します。家具とのバランスを考慮しながらドアを選ぶことで、一体感のある室内空間を実現することができます。

玄関ドアを選ぶ際には、室内との調和も重要な要素です。内装や家具とのバランスを考えながら、ドアを選ぶことで、室内も一層魅力的な空間になります。自分のライフスタイルや好み、室内のテイストに合わせて、調和の取れたドアを選びましょう。室内とのバランスを大切にし、美しい室内空間を実現しましょう。

機能性の選び方

機能性に注目して玄関ドアを選ぶときには、生活スタイルや地域性を考慮することが大切です。

防犯性

玄関ドアを選ぶ際には、防犯性も重要な要素です。玄関は家の最も重要な出入り口であり、防犯の観点からも注意が必要です。

まず、鍵の種類と性能を確認することが重要です。玄関ドアには、一般的にシリンダーキーが使用されます。鍵の耐久性や防犯性には、シリンダーの種類やグレードが関わっています。高品質なシリンダーキーは、不正侵入やキープリングの抜け落ちなどに対して高い耐久性を持つことがあります。また、防犯性の向上のためには、ピッキングや撞きピッキングへの耐性のあるシリンダーを選ぶことも効果的です。鍵の性能を確認し、安全性の高いシリンダーキーを選びましょう。

さらに、窓の有無も防犯性を左右する要素です。窓がある場合、侵入者が窓を割って玄関を開けることができます。そのため、窓がないか、ある場合は適切な防犯対策が施されているかを確認することが重要です。例えば、強化ガラスやセキュリティフィルムの使用、窓にはコンパネなどの物理的な障壁を取り付けることで、侵入の可能性を低減することができます。

また、玄関ドアの材質も防犯性に影響します。アルミニウムやスチールのドアは、その強度や耐久性から、防犯性が高いと言われています。これらの素材は、頑丈な骨組みを持ち、侵入者に対して強い抵抗を示すことができます。また、補助的な防犯装置、例えば補助錠やデッドボルトロックも有効な対策です。

防犯性は玄関ドアを選ぶ際に絶対に妥協できない要素です。鍵の性能や窓の対策、材質などを念入りに確認しましょう。侵入者に対ししっかりと抵抗し、家族や財産を守るための安全な玄関ドアを選ぶことが重要です。

断熱性・遮音性

玄関ドアを選ぶ際には、断熱性と遮音性も重要な要素です。玄関は外部と内部を繋ぐ箇所であり、外部からの寒さや熱、騒音が侵入してくる可能性があります。そのため、快適な室内環境を保つためには、断熱性と遮音性を考慮することが大切です。

まず、断熱性に注目しましょう。玄関ドアの断熱性能は、室内の快適さと省エネ効果に大きく影響します。外部の気温や風を遮り、室内の温度を保つことで、暖房や冷房の効率を高めることができます。玄関ドアの断熱性能は、材質と構造によって異なります。例えば、ウレタン断熱材や多層ガラスを使用したドアは、より優れた断熱性能を持つことがあります。断熱性に優れた玄関ドアを選ぶことで、快適な室内環境を維持し、エネルギー効率を向上させることができます。

また、遮音性も重要な要素です。外部からの騒音を適切に遮ることで、静かな室内空間を実現することができます。特に、玄関は外部との境界線であり、騒音が侵入しやすい場所です。遮音性の高い玄関ドアを選ぶことで、外部の騒音を低減し、居住空間の快適さを向上させることができます。断熱材や遮音ガラスの使用に加え、ドアの設計や隙間の対策も重要です。遮音性に優れた玄関ドアを選ぶことで、日常の生活において静けさと落ち着きを提供できます。

断熱性と遮音性は、玄関ドアを選ぶ際に重要な要素です。室内の快適さや省エネ効果、静かな環境を実現するために、断熱性と遮音性の性能を確認しましょう。自宅でのくつろぎやリラックスを高めるために、快適な環境を作り出す玄関ドアを選びましょう。

価格と品質のバランス

どれだけ素晴らしい玄関ドアでも、予算オーバーでは意味がありません。賢い選び方をしましょう。

価格と品質

玄関ドアを選ぶ際には、価格と品質のバランスを考慮することが重要です。素晴らしい玄関ドアは魅力的ですが、予算をオーバーすることは避けるべきです。賢い選び方をするために、価格と品質を比較しましょう。

まず、価格について考えます。玄関ドアの価格は、素材やデザイン、機能性などの要素によって異なります。高品質な素材やデザイン性の高いドアは一般的に価格も高くなります。しかし、予算内で購入するためには、複数のオプションを比較することが重要です。異なるメーカーやブランドの玄関ドアを見比べることで、価格の相場や選択肢を把握できます。さらに、セールや割引イベントなどを利用することで、予算内で理想の玄関ドアを手に入れることができるかもしれません。

次に、品質について考えます。玄関ドアは耐久性や安全性が求められるため、品質には十分な注意が必要です。製品の品質を確認するために、材質や仕上げ、加工技術を調べましょう。耐久性のある強固な構造や高品質な鍵、防犯性能の優れたドアが望ましいです。また、メーカーの信頼性や製品保証にも注目しましょう。信頼性のあるメーカーや製品保証が付いているドアは、品質の保証があり、長期的な満足度を得ることができます。

価格と品質は、玄関ドアを選ぶ際にバランスを取るべき要素です。高価なドアが必ずしも品質が高いとは限りませんし、安価なドアでも品質に優れたものが存在します。価格と品質をバランス良く比較し、予算内で妥協せずに自分に合った玄関ドアを選びましょう。価格と品質のバランスを考えた上での選択は、長期間にわたって満足度を高めることができます。

耐久性

玄関ドアを選ぶ際に重要な要素の一つは耐久性です。長く使用するためには、耐久性が求められるからです。耐久性のある玄関ドアは、日常の使用や外部の要素によっても劣化せず、長期的な使用に耐えることができます。

まず、材質を確認することが重要です。玄関ドアには、木製、アルミニウム、スチールなどさまざまな材質があります。耐久性の高いドアを選ぶためには、材質の強度や耐候性を考慮しましょう。木製のドアの場合、耐久性を高めるために適切な塗装やメンテナンスが必要です。アルミニウムやスチールのドアは、頑丈で耐久性に優れています。また、ドアの製造業者やブランドの信頼性も耐久性の要素に関わります。信頼性のあるメーカーやブランドの製品は、高品質な材料と製造技術を使用しており、耐久性が期待できます。

続いて、製品保証を確認しましょう。製品保証は、メーカーが自信を持って提供する製品の品質を保証するものです。長期間の製品保証やアフターサービスが提供されているドアは、製品の耐久性と信頼性を示す指標と言えます。製品保証は、ドアが予想以上に早く劣化したり、故障が起きた場合に大きなメリットとなるでしょう。

耐久性のある玄関ドアを選ぶことは、コストと時間の節約につながります。長期的に見て、耐久性が高いドアは、頻繁な修理や交換の必要がなく、コストを抑えることができます。また、劣化や故障が少ないドアは、日常の生活において安心感を与えます。

玄関ドアの耐久性を調べるためには、材質や製品保証、メーカーの信頼性を確認しましょう。耐久性のある玄関ドアを選ぶことで、長く使用するうえでの安心感と経済性を実現できます。

玄関ドアの設置・取り換え

新築やリフォームのタイミングでドアを選ぶ際のポイントについて述べます。

新築時の選び方

新築の際に玄関ドアを選ぶ際のポイントについて考えてみましょう。新築時は、ドアのサイズやデザイン、機能を設計段階で決定することが重要です。

最初に考えるべきポイントは、ドアのサイズです。新築の場合は、建築計画段階でドアの位置や大きさを決めることができます。ドアのサイズは家族の出入りや持ち物の出し入れに合わせて適切に設計することが重要です。通常のドアよりも大きい玄関の場合、大型のドアや引き戸などを選ぶことで、スムーズな出入りが可能になります。

次にデザインを考えましょう。新築する家のスタイルやイメージに合わせたデザインのドアを選ぶことが重要です。外観や内装との一体感を考えながら、材質やカラー、装飾の有無などを検討しましょう。また、ドアノブや取っ手などの細部にもこだわることで、個性的で魅力的な玄関を演出することができます。

そして、機能性も重要な要素です。新築時には、断熱性や防犯性などの機能を考慮することができます。断熱性の高いドアを選ぶことで、室内の快適さやエネルギー効率を向上させることができます。また、新築の場合は防犯対策も重要です。頑丈な材質やセキュリティ機能の充実したドアを選ぶことで、安心して暮らすことができます。

新築時には、ドアのサイズやデザイン、機能性を考慮して玄関ドアを選ぶことが重要です。建築計画段階での選択が可能なため、家全体のコンセプトやニーズに合わせて理想的な玄関ドアを選びましょう。自分らしい新築の玄関を作ることで、家に趣を与え、快適な生活を実現することができます。

取り替え時の選び方

既存のドアを取り替える場合、取り替え時の選び方にも注目しましょう。取り替え時のポイントを考えることで、既存の枠や壁の構造に配慮しながら、最適な玄関ドアを選ぶことができます。

まずは、既存の枠や壁の構造をチェックしましょう。新しい玄関ドアを取り付ける際には、既存の枠や壁に合わせる必要があります。ドアのサイズや取り付け方法によっては、枠や壁の改修が必要な場合があります。また、ドアの開閉方式や取り付け位置も検討する必要があります。既存のドアと同じ方式や位置に取り付ける場合は、取り換え作業がスムーズに進むでしょう。

次に、デザインを検討しましょう。既存の外観や室内との調和を考えながら、新しい玄関ドアのデザインを選びましょう。外観の一部として統一感を持たせることで、美しい外観を演出することができます。また、室内から見た時の見栄えも意識し、内装や家具とのバランスを考慮しましょう。

そして、既存のドアにはない機能的なアップグレードも検討できます。例えば、断熱性や防犯性に優れた新しいドアを選ぶことで、快適で安全な環境を実現できます。また、便利な機能や付属品の選択も検討しましょう。自動開閉機能や遠隔操作可能なシステム、セキュリティ機能の強化など、新しいドアで生活の利便性を向上させることができます。

取り替え時には、既存の枠や壁の構造に合わせながら新しい玄関ドアを選ぶことが重要です。デザインや機能性に加えて、新しいドアが既存の設備との調和を保つことも考慮しましょう。取り替え時のドア選びは、家の印象を向上させるだけでなく、生活の利便性や快適さをもたらすことができます。

玄関ドアのメンテナンス

玄関ドアを長持ちさせるためには、適切なメンテナンスが欠かせません。

清掃方法

玄関ドアを美しく保つためには、適切な清掃方法を知ることが重要です。玄関ドアの素材や仕上げによって、適切な清掃方法は異なります。

まず、木製の玄関ドアの場合、柔らかい布やスポンジに水を含ませ、軽く拭くことが基本的な清掃方法です。木製のドアは水や湿気に弱いため、水滴を残さないように注意しましょう。また、定期的な塗装やワックスのお手入れも必要です。木製のドアに合わせた専用のクリーニング用品を使用することで、美しい艶を保つことができます。

一方、アルミニウムやスチールのドアは、一般的に耐久性が高くメンテナンスが比較的簡単です。通常は、柔らかい布やスポンジに中性洗剤を少量含ませ、軽く拭くことで汚れを取り除くことができます。また、塗装面の保護のため、強い洗剤や研磨剤の使用は避けましょう。また、雨や湿気にさらされることが多いため、乾拭きをすることも大切です。

ガラスが使用されている場合は、ガラス専用のクリーナーや水と中性洗剤を混ぜた溶液を使用することで、綺麗に拭き上げることができます。ゴミやほこりを取り除くために、最初に乾いた布で軽く拭くこともおすすめです。ガラス面をきれいに保つことで、光の透過性を高め、明るさを引き出すことができます。

玄関ドアの素材によって異なる清掃方法を適用することで、美しい状態を保つことができます。定期的な清掃を心掛け、素材に適したクリーニング用品や方法を使用しましょう。これにより、玄関ドアの美しさを長く維持することができます。

定期的な点検

玄関ドアを長持ちさせるためには、定期的な点検も必要です。定期的な点検によって、ドアの動きや鍵の状態、防犯の観点を確認することが重要です。

まず、ドアの動きをチェックしましょう。定期的にドアを開閉する際に、スムーズに動いているかどうかを確認します。ドアが引っかかったり、スムーズに閉まらなかったりする場合は、調整や修理が必要かもしれません。問題を早期に把握し、専門家に相談することで、長く快適な使用が可能です。

次に、鍵の状態を点検しましょう。ドアの鍵は防犯の要となるため、正常な状態であることが重要です。鍵が正しく回るか、しっかりと施錠できるかを確認します。もし異常を感じた場合は、すぐに修理または交換するようにしましょう。また、鍵穴や鍵孔部分の清掃も忘れずに行いましょう。ほこりやゴミが溜まると、スムーズな鍵の操作ができなくなることがあります。

さらに、防犯の観点からも定期的な点検を行いましょう。ドアの外側や内側からの視点で、玄関が充分なセキュリティ対策を備えているかを確認します。特に、錠前やドアの周囲の強固な窓やフレームの状態を点検しましょう。鍵の交換やセキュリティ機能の追加など、必要な対策があれば早めに取り入れるようにしましょう。

定期的な点検によって、玄関ドアの状態を把握し、修理や補修の必要性を判断することができます。ドアの動きや鍵の状態、防犯対策の点検を怠らず、安全で快適な玄関環境を維持しましょう。プロのアドバイスや専門家のサポートを受けつつ、長くお気に入りの玄関ドアを使い続けることができます。

まとめ

ここまで玄関ドアの選び方について詳しく解説しました。

玄関ドア選びのポイント

玄関ドアを選ぶ際のポイントをまとめます。まずは、機能性とデザインの両立です。見た目だけでなく、防犯性や断熱性などの機能性も重要な要素です。次に、予算内での購入が大切です。高価なものほど品質が良いとは限らないため、バランスを見つけることが大切です。また、適切なメンテナンスも忘れずに行いましょう。定期的な清掃や点検によって、玄関ドアを長持ちさせることができます。これらのポイントを意識しながら、自分に合った玄関ドアを選ぶことが大切です。

自分に合ったドアを

最後に、自分に合ったドアを選ぶポイントを考えてみましょう。玄関ドアは家の顔となる重要な要素ですので、自分のライフスタイルや好み、住まいの状況に合ったドアを選ぶことが大切です。

まずは、自分のライフスタイルに合わせて考えましょう。玄関ドアは、毎日の出入りや荷物の運搬などに使用されるため、使い勝手の良さが重要です。忙しい家族やペットを持つ方は、開閉がスムーズで丈夫なドアを選ぶことがおすすめです。また、趣味や特定のニーズに合わせた機能的なドアも考慮することで、より快適な生活を実現できます。

次に、好みやセンスを反映させましょう。玄関ドアは家の印象を左右する重要な要素ですので、自分の好みやスタイルに合ったデザインを選びましょう。クラシックな雰囲気を持つドアやモダンなデザインのドアなど、多くの選択肢があります。自分の個性や好みを反映させることで、玄関がより特別で魅力的な空間となるでしょう。

また、住まいの状況に応じてドアを選ぶことも重要です。例えば、気候や環境によって断熱性や耐久性が求められる場合があります。また、住まいのエリアや防犯の状況に応じたセキュリティ性能の高いドアを選ぶことも考慮しましょう。住まいの特性や環境に合ったドアを選ぶことで、より安全で快適な空間を実現することができます。

最後に、自分に合ったドアを選ぶことで、心地よいライフスタイルと魅力的な玄関空間を手に入れることができます。自分の生活スタイルや好み、住まいの状況に応じて、機能性とデザイン性をバランス良く考慮しましょう。自分らしさを大切にしながら、理想の玄関ドアを選んでください。

イースタイルホーム
ロゴ
自由設計の注文住宅サービスを適正価格で提供いたします。ライフスタイルに合わせた設計、環境に優しい素材の選定、そして長期にわたる保証制度まで、愛知で、住み続けたいと思える家づくりを徹底サポートします。
イースタイルホーム

〒476-0003

愛知県東海市荒尾町41-1