工務店が考える最高の間取りと動線: 回遊型が人気の理由

query_builder 2024/05/02
間取りや動線は住み易さを大きく左右します。この記事では、工務店から見た最適な間取りと動線について、特に回遊型に焦点を当てて解説します。
イースタイルホーム
ロゴ
自由設計の注文住宅サービスを適正価格で提供いたします。ライフスタイルに合わせた設計、環境に優しい素材の選定、そして長期にわたる保証制度まで、愛知で、住み続けたいと思える家づくりを徹底サポートします。
イースタイルホーム
住所:

〒476-0003

愛知県東海市荒尾町41-1

電話番号:
0120-131-062

1. 間取りと動線とは

間取りと動線についての基本的な知識から理解を深めていきましょう。

1.1 間取りとは

間取りとは、住宅や建物の内部を配置する構成やレイアウトのことを指します。つまり、部屋やスペースの配置や大きさ、つながり方などを計画する設計図のことです。間取りの良し悪しは、住まいの使い勝手や生活の快適さに大きく影響します。例えば、家族の個々のプライバシーを尊重しながら、共有スペースを上手に配置することで、家族の交流が促される間取りが考えられます。

また、間取りは単に部屋を配置するだけでなく、家族のライフスタイルや活動に合わせた工夫が求められます。例えば、料理が好きな人にとってはキッチンが大きく使いやすいことが重要ですし、子供がいる家庭では子供部屋や遊ぶスペースが必要となります。さらに、将来的な視点で考えると、高齢化社会が進む中でバリアフリーや介護のしやすさも考慮する必要があります。

工務店は、このような様々な要素を考慮しながら、最適な間取りを提案しています。例えば、回遊性のある間取りを提案することで、家族のコミュニケーションや動線の効率化を図ることができます。また、効率的な収納スペースや家具の配置、光の取り入れ方なども間取りの一部として考慮されます。工務店は、住まい手のニーズやライフスタイルに合わせた間取りの提案に力を入れており、住まいのより良い暮らしを実現するためのパートナーとなっています。

1.2 動線とは

1-1で述べたように、間取りが部屋やスペースの配置を指すのに対し、動線は人が日常生活の中でどのように移動するかを規定する要素です。しっかりと計画された動線は、住みやすさや生活の効率性に大きく影響を与えます。

動線は、例えばリビングからキッチンへの移動や、寝室からトイレへのアクセスなど、日常的な移動に関わるルートを指します。住まい手が自然に移動でき、スムーズに目的地へ到達できる動線は、快適な生活を実現する上で非常に重要です。

また、動線には効率性も求められます。例えば、食材をキッチンに持って行って料理をする際には、キッチンまでの距離が近く、持ち運びしやすい配置が望まれます。同様に、洗濯物を干す場所やバスルームへのアクセスも、動線の設計によって便利さが左右されます。そして、日常の家事や動作を最小限にすることで、時間と労力を節約することも可能です。

工務店は、間取りと同様に動線にも重点を置いた設計を行っています。例えば、回遊性のある間取りは、自然でスムーズな移動動線が生まれる特徴があります。主要な部屋が一体的に配置され、各部屋へのアクセスが良いプランは、住まい手の手間を減らし、動線の効率性を高めることができます。

間取りと動線は、住まいの使い勝手や快適さを左右する要素です。工務店は、住まい手のニーズに合わせた最適な間取りと動線を提案しています。これにより、住まい手の生活に合わせた使いやすい住空間が実現され、より快適な暮らしを提供することができます。

2. 回遊性のある間取りとは

近年人気の回遊性のある間取りについて詳しく見ていきましょう。

2.1 回遊性とは

回遊性とは、住空間内で人が自由に動けることや、部屋間の往来がスムーズであることを指します。回遊性が高い間取りは、住まい手の生活の利便性と快適さを向上させることが期待されます。

回遊性が高い間取りとは、主要な部屋が一体的に配置され、各部屋へのアクセスが良いプランのことを指します。例えば、リビング、ダイニング、キッチンなどの共有スペースが連続して配置され、それらの間を自由に行き来することができる間取りが回遊性の高い間取りです。

回遊性のある間取りは、家族のコミュニケーションを促進します。家族が一緒にくつろぎながら食事をすることができるダイニングキッチンや、リビングから子供部屋への視線が通りやすい配置など、円滑なコミュニケーションを可能にする要素が考慮されます。

また、回遊性のある間取りは、動線の効率化にも寄与します。部屋と部屋の間の距離が短いため、日常の移動がスムーズに行えます。例えば、料理中に必要な食材や調味料を取りに行く際も、キッチンまでの距離が近く、素早く取り出すことができます。

さらに、回遊性が高い間取りは、開放感や広がりを感じさせます。部屋と部屋が繋がり、一体感があるため、室内が広く感じられる効果があります。また、自然光や風の流れを活用することも考慮されます。間取りの配置によって光や風を取り入れることができれば、より快適な住環境をつくることができます。

工務店や設計士は、回遊性の高い間取りを提案することで、住まい手の快適な生活を実現する目指します。家族が円滑にコミュニケーションをとりながら、快適な移動や暮らしを実現するために、間取り計画や配置に工夫を凝らしています。

2.2 回遊性のある間取りの設計例

2-1で説明した回遊性のある間取りの設計例を見ていきましょう。回遊性の高い間取りは、家族のコミュニケーションや動線の効率化を考えたプランニングが特徴です。

まず、リビング、ダイニング、キッチンを一体的に配置することで、家族が日常の活動を行う中心スペースを設けることができます。例えば、キッチンがリビングやダイニングにオープンになっていると、家族が料理しながら会話を楽しむことができます。また、食事の準備や片付けもスムーズに行うことができるでしょう。

さらに、各部屋へのアクセスも重要なポイントです。例えば、子供部屋や仕事部屋など、個室がある場合でも、それらの部屋がリビングやキッチンに近接して配置されることで、家族が互いの存在を感じながらも、一定のプライバシーを確保することができます。また、洗面所やトイレも部屋の近くに配置することで、動線がスムーズにつながります。

さらに、光の取り入れ方や風の流れにも配慮します。窓の配置や大きさを工夫することで、自然光を最大限に取り入れることができます。また、換気や通風を意識した窓やドアの配置も重要です。風の流れを活かせば、室内は常に新鮮で快適な環境を保つことができます。

さらに、間接照明を上手に活用することも回遊性のある間取りのポイントです。部屋全体を均一に照らすだけでなく、間接的な照明を使うことで、ムードやアクセントを演出することができます。リビングやダイニング、廊下などに設置することで、家族が夜間に移動する際も明るさを確保できます。

回遊性の高い間取りは、家族のコミュニケーションや動線の効率化、快適さを実現する設計の一つです。工務店では、家族のニーズやライフスタイルに合わせた間取りの提案を行っています。さまざまな設計オプションを用いながら、最適な間取りプランを実現することを目指しています。

3. 回遊性と動線の関係

回遊性のある間取りがいかに動線に影響するかを解説します。

3.1 動線の改善

3-1では、回遊性のある間取りが動線に与える改善効果について見ていきましょう。回遊性の高い間取りは、自然でスムーズな移動動線を生み出し、住まいの快適さを向上させることが期待されます。

まず、回遊性のある間取りでは、部屋と部屋の間の往来がスムーズになります。例えば、リビングやダイニング、キッチンが一体的に配置されている場合、料理中に食材を取りに行ったり、家族との会話を楽しみながらテーブルをセッティングしたりする際に、部屋を通り抜ける必要がありません。これにより、ムダな動作をせずに効率的に動くことができます。

さらに、動線の改善により家事の効率化も図れます。例えば、洗濯物を干したり、掃除をする際には、それぞれの作業スペースにアクセスしやすい配置を考慮します。回遊性の高い間取りでは、洗濯機やバスルーム、トイレなど、家事の中心となる場所が近接して配置されます。これにより、洗濯物を運ぶ距離や掃除道具を持ち運ぶ手間が軽減され、家事の効率が向上します。

また、動線の改善により、日常の移動がスムーズになります。例えば、寝室からキッチンまでのアクセスが良くなることで、朝の準備や夜の飲み物を取りに行く際に時間を節約できます。さらに、子供部屋や書斎、リビングなど、家族がよく使う場所が近接して配置されていると、家族のコミュニケーションも促進されます。

回遊性のある間取りは、住まいの動線を改善し、生活の便利さと快適さを追求するための設計手法です。工務店は、間取りや部屋の配置、動線の計画において、住まい手のニーズやライフスタイルを十分に考慮しながら、最適なプランを提案しています。間取りや動線の改善によって、日常生活をスムーズにし、より快適な住まいを実現することが目指されています。

3.2 効率的な生活動線

3-2では、回遊性のある間取りが生活動線に与える効率的な影響について見ていきましょう。回遊性の高い間取りは、生活の中心となる場所が近接して配置されるため、移動や作業がより効率的になることが期待されます。

まず、回遊性のある間取りでは、家族の日常生活を中心に、必要な場所が効率的に配置されます。例えば、リビングやダイニング、キッチンなどの主要なスペースが一体的に配置されている場合、食事の準備や片付け、家族の集まる場所としての機能が集約されます。これにより、家族の生活の中心が明確化され、家族のコミュニケーションや協力がスムーズに行われることがあります。

さらに、回遊性の高い間取りでは、生活の中心からのアクセスが良い場所に複数の機能を配置することができます。たとえば、キッチンに近接してパントリーを設けることで、食品や調味料の収納が効率的に行えます。また、リビングルームに隣接する場所に書斎や子供スペースを設けることで、仕事や勉強をしながら家族に近く過ごすことができます。

さらに、回遊性のある間取りでは、必要な物や道具の収納スペースも効率的に配置されます。家事や作業に必要なものがすぐに手に取れるようにすることで、作業の効率が上がります。例えば、キッチン周辺には調理器具や食器の収納スペースが整備されることが多く、料理の準備や片付けが円滑に行えます。

工務店は、回遊性のある間取りにおいて、生活の動線を考慮し、効率的な配置を行っています。例えば、家族の生活スタイルに応じて、洗濯室やトイレ、バスルームなどを近接して配置することで、家事効率を向上させます。また、収納スペースの配置や使い勝手も重視し、必要なものが手に取りやすい状態を作り出します。

効率的な生活動線を実現する回遊性のある間取りは、住まい手にとっての便利さや快適さを追求するための設計の一つです。工務店は、間取りや動線の改善によって、日常の生活をスムーズにし、より快適な住まいを実現するためのサポートをしています。

4. 工務店が提案する間取り&動線設計

ここでは工務店が実際に提案する間取りと動線設計について見ていきます。

4.1 リビング中心の設計

4-1では、リビング中心の設計について見ていきましょう。リビング中心の設計は、家族の生活の中心がリビングになるようなプランニングを行うことを指します。

リビングは家族が集まり、くつろぐ場所です。リビング中心の設計では、リビングを中心に各部屋が配置され、家族の交流やコミュニケーションを重視します。例えば、リビングとダイニング、キッチンが一体的に配置されている場合、食事の準備や片付けをしながら、家族との会話や交流がスムーズに行えます。

また、リビング中心の設計では、リビングルームにフォーカスを当てます。リビングの広さや開放感を最大限に活かし、家族や友人とのくつろぎの空間を提供します。リビングの配置や間取りの工夫によって、さまざまなニーズに合わせたリビング空間を実現することができます。

さらに、リビング中心の設計では、家族のプライバシーを考慮しながらも、家族の一体感を促します。例えば、子供部屋や書斎など、個室がある場合でも、それらの部屋がリビングに近接して配置されることで、家族の存在を感じながらも、一定のプライバシーを確保することができます。

また、リビング中心の設計では、リビングからのアウトドアスペースへのアクセスも重視されます。例えば、リビングと庭やテラスが一体的に繋がっている場合、室内と屋外のつながりを感じながら、自然の風景や庭の緑を楽しむことができます。

リビング中心の設計は、家族の生活を中心に考え、快適でくつろげる住まいを実現するための設計です。工務店は、家族のニーズやライフスタイルを踏まえながら、リビング中心の間取りを提案しています。リビングを中心に各部屋が配置され、家族のコミュニケーションやくつろぎの場を形成することで、より快適な生活空間を創り出します。

4.2 間接照明を上手に活用する

4-2では、リビング中心の設計において、間接照明を上手に活用するポイントについて見ていきましょう。間接照明は、リビング空間をより快適で心地良い雰囲気に演出するための有効な手法となります。

間接照明は、直接明かりを当てるのではなく、壁や天井などから光を反射させることで、やわらかな光の効果を生み出します。これによって、リビング空間に柔らかな明かりをもたらし、くつろぎや温かみを与える効果があります。

まず、間接照明を活用するポイントの一つは、照明の配置です。例えば、リビングの天井近くや壁に埋め込まれたライン照明やスポットライトを設置することで、光のシャドウを作り出し、空間に奥行きや立体感を与えることができます。また、家具の背後や棚の下など、隠れた場所にも間接照明を設置することで、間接的な光の演出を行います。

さらに、間接照明の色温度や明るさも大切です。リビング空間では、リラックスやくつろぎの雰囲気を醸し出すために、暖色系の光や柔らかい明るさが適しています。暖色系の照明は、心地よさや居心地の良さを演出することができます。

また、間接照明には調光機能を備えたものを選ぶこともおすすめです。照明の明るさを調節することで、さまざまなシーンやムードに合わせた光の演出が可能です。リビング空間では、明るさの微調整ができることで、家族の活動に応じて光の雰囲気を変えることができます。

間接照明を上手に活用することで、リビング空間はより心地よい雰囲気を持つことができます。工務店は、リビング中心の設計において、間接照明の配置や明るさの調整を考慮し、快適な光の演出を提案しています。間接照明の効果を最大限に引き出し、家族がくつろぎ、心地よさを感じるリビング空間を創り出すことを目指しています。

5. 回遊性のある間取りのメリット

回遊性を持つ間取りがどのようなメリットを持つのか、その詳細について説明します。

5.1 居住性の向上

5-1では、回遊性のある間取りがもたらす居住性の向上について見ていきましょう。回遊性の高い間取りは、住まいの利便性や快適さを大幅に向上させることが期待されます。

まず、回遊性のある間取りは、住まいの使い勝手を良くします。部屋と部屋が繋がっているため、目的地までの移動がスムーズになり、無駄な時間やエネルギーの浪費を防ぐことができます。例えば、朝のラッシュ時に家族が同時に準備をする場合でも、必要な物や場所が近接しているため、互いの動線が交錯しにくくなります。

また、回遊性の高い間取りは、家族のコミュニケーションを促進します。共有スペースが一体的に配置されているため、家族がくつろぎながら会話したり、一緒に過ごしたりすることが容易になります。リビングやダイニング、キッチンを中心に配置することで、家族が日常の活動をリビングで共有することができます。

さらに、回遊性のある間取りは、部屋ごとの役割や機能の明確化を図ります。それぞれの部屋が異なる役割を果たすため、各々の目的に合わせて利用することができます。例えば、リビングはくつろぎや娯楽、ダイニングは食事や集まる場所、書斎は仕事や勉強に専念する場所といった具体的な役割を持たせることができます。

回遊性のある間取りによって居住性が向上することで、家族の生活にポジティブな影響があります。家族のコミュニケーションが活発になり、家族の絆を深めることができます。また、効率的な動線や明確な機能配置によって、日常の動作や家事がスムーズに行われるため、ストレスを減らし、時間を有効に使うことができます。

工務店は、居住性を向上させるために回遊性のある間取りの提案を行っています。家族のニーズやライフスタイルに合わせて、部屋の配置や動線を考慮し、より使い勝手の良い住まいを創り出すことを目指しています。回遊性の高い間取りは、快適な居住性を追求し、家族の暮らしを豊かにするための一つの手段となるでしょう。

5.2 空間の有効活用

5-2では、回遊性のある間取りがもたらす空間の有効活用について見ていきましょう。回遊性の高い間取りは、各部屋へのアクセス性が高く、全ての部屋を有効に活用することができます。

まず、回遊性のある間取りは、各部屋へのアクセスが良いため、部屋ごとの機能の活用がしやすくなります。例えば、リビングからキッチンへのアクセスがスムーズな場合、料理の準備や食事の片付けが効率的に行えます。また、子供部屋や書斎など、個室がある場合でも、家族が共有スペースに集まりながらも、必要な個室を活用することができます。

さらに、回遊性の高い間取りは、無駄な空間を減らすことができます。各部屋へのアクセスがスムーズなため、使われないスペースや通路の無駄を最小限に抑えることができます。間取りの設計段階で、家具の配置や収納スペースの有効活用にも配慮することで、無駄なスペースを最小限にして、使いやすい環境を実現することができます。

また、回遊性のある間取りは、家族のライフスタイルに合わせた使い方やアレンジに柔軟に対応できます。各部屋がつながっているため、家族の生活スタイルやニーズに応じて、部屋の使い方やレイアウトを変えることができます。例えば、子供が成長したり、家族構成が変化したりした場合でも、間取りを柔軟に変更できるため、住まいを長く使い続けることができます。

回遊性の高い間取りによって空間の有効活用が実現されることで、住まいの使い勝手や快適さが向上します。工務店は、家族のニーズやライフスタイルに合わせた間取りの提案を行い、各部屋の機能を最大限に活用できる環境を創り出します。使われないスペースの削減や柔軟な使い方のアレンジによって、空間の有効活用を実現し、より快適な生活を提供することを目指しています。

6. 回遊性のある間取りのデメリット

メリットだけでなく、回遊性を持つ間取りのデメリットについても把握しておきましょう。

6.1 プライバシーの確保

6-1では、回遊性のある間取りにおけるプライバシーの確保について見ていきましょう。回遊性の高い間取りは、部屋同士のつながりが強く、プライバシーを確保することが難しい場合もありますが、工夫によってプライバシーを守ることができます。

まず、回遊性のある間取りにおけるプライバシーの確保には、個室の配置や目隠しの対策が重要です。例えば、子供部屋や書斎など、プライベート空間となる部屋をリビングやダイニングから距離を置いて配置することで、プライバシーを尊重することができます。また、ドアやカーテン、パーテーションなどの目隠しのアイテムを活用することも効果的です。

さらに、回遊性の高い間取りでは、家族のプライバシーを守るためにコミュニケーションのルールやマナーの確立も重要です。家族がお互いの個室やプライベート空間を尊重することが求められます。例えば、書斎で仕事や勉強をする際には、他の家族が静かにするようにお願いするなど、相互の配慮が必要です。

また、間取りの設計段階で、プライバシーの確保に配慮した間取りを作り出すことも重要です。例えば、個室のドアや、カーテンなどの仕切りを設けることで、必要に応じてプライベート空間を作り出すことができます。また、音や匂いを遮断するような設計や素材の使用も検討することで、家族のプライバシーを守ることができます。

工務店は、回遊性のある間取りにおいても、プライバシーの確保に配慮した設計を行っています。家族のプライバシーを尊重し、個々のプライベート空間を作り出すことで、快適な住まいを提供しています。間取りのレイアウトや仕切りの設置、家族のマナーやルールの確立といった要素を組み合わせることで、回遊性の高い間取りでありながら、プライバシーの確保が実現されるのです。

6.2 冷暖房の効率

6-2では、回遊性のある間取りが冷暖房の効率に与える影響について見ていきましょう。回遊性の高い間取りは、冷暖房の効率を考慮する必要がありますが、いくつかのポイントに留意することで解決策が見つかります。

まず、冷暖房の効率を向上させるためには、部屋ごとの温度差を最小限に抑える必要があります。回遊性の高い間取りでは、部屋がつながりやすくなるため、温度差が広がりやすい傾向があります。これを解消するためには、適切な断熱材や窓の使用、適切な換気などを考慮する必要があります。

また、回遊性の高い間取りでは、部屋を閉じ切ることが難しくなることがあります。そのため、冷暖房を効率的に行うためには、各部屋ごとに調整可能な温度調節の機器や、独立した空調システムを導入することも考慮されます。部屋ごとに気温や風量を調整することで、各部屋の快適性を確保しながら、エネルギーの無駄を減らすことができます。

さらに、冷暖房の効率を向上させるためには、太陽の位置や風の流れを活用することも重要です。例えば、日射を遮る遮光カーテンや、断熱性の高い窓を使用することで、室内の温度上昇を防ぐことができます。また、風の流れを利用するために、窓やドアを適切に配置することで、自然な通風を促進することも考慮されます。

回遊性のある間取りにおける冷暖房の効率は、適切な設計や設備の選択、自然エネルギーの活用などによって改善することが可能です。工務店は、間取りプランニングの際に冷暖房効率を考慮し、エネルギーの無駄を最小限にしながら、より快適な住まいを提供するためのサポートをしています。住まい手の快適さとエネルギーの効率的な使用を両立させることで、環境にも配慮した住まいを実現しています。

7. 工務店から見た回遊性の可能性

最後に、工務店としてこれからの回遊性のある間取りの可能性について考察します。

7.1 柔軟な生活スタイルへの対応

7-1では、回遊性のある間取りが柔軟な生活スタイルに対応する可能性について見ていきましょう。回遊性の高い間取りは、多様化する生活スタイルに合わせて自由に使い方や配置を変えることができます。

回遊性のある間取りでは、部屋同士がつながっていることで、将来のライフスタイルの変化に対応できます。例えば、子供が成長して部屋の使い方が変わる場合や、仕事が変わって在宅勤務をするようになった場合、間取りを柔軟に変えることができます。部屋のレイアウトや使い方を変えることで、住まいの機能や空間の活用を最適化することができます。

また、回遊性のある間取りは、家族の成長や変化に対応することができます。子供が独立していくなど、家族構成が変化した場合でも、部屋の使い方や配置を調整することで、空間を有効活用することができます。さらに、家族の成長や将来の変化に合わせて、新たな生活スタイルやニーズに対応することも可能です。

回遊性の高い間取りは、柔軟な生活スタイルに対応することができる設計の一つです。間取りのレイアウトや部屋の使い方、家具の配置などに工夫を凝らし、住まい手の多様なニーズに合わせた間取りを提案することで、快適な住まいを実現しています。将来の変化に合わせて自由に使い方を変えることができる回遊性のある間取りは、住まい手にとって一つの柔軟さと選択肢を提供することができるのです。

7.2 高齢化社会への対応

7-2では、回遊性のある間取りが高齢化社会に対する有効な対策となり得ることについて見ていきましょう。回遊性の高い間取りは、高齢者の移動や生活をスムーズにすることができます。

回遊性のある間取りでは、部屋同士がつながっており、動線がスムーズになるため、高齢者の方が移動しやすい環境を提供することができます。階段の上り下りを避けることができる一つの階にまとまった生活空間や、バリアフリーに配慮した広い通路など、高齢者の移動に配慮した設計が可能です。

さらに、高齢者の方が自立して生活できるように、必要な施設や機能を間取りに取り入れることもできます。例えば、手すりや段差のない浴室、バリアフリーのトイレ、つまずきやすい場所の床の仕様など、高齢者の安全と快適さを重視した設計が重要です。

回遊性の高い間取りは、高齢者の方々が自分の住まいで快適に暮らすためのサポートとなることが期待されます。工務店は、設計段階から高齢者のニーズに合わせた間取りの提案を行い、バリアフリーに配慮した住まいを提供しています。高齢化社会の進展に合わせて、より快適で安心した生活を送るための住まい作りをサポートすることが求められています。

8. まとめ

工務店視点で見た間取りと動線の最適化について学びました。

8.1 回遊性のある間取りの理解

8-1では、回遊性のある間取りの理解について見ていきましょう。回遊性のある間取りは、部屋同士が繋がっていて自由に移動でき、部屋間のアクセスがスムーズな設計です。これにより、家族のコミュニケーションや動線の効率化が図られます。主要な部屋が一体的に配置され、各部屋へのアクセスが良いため、家族が結束しやすく、生活の快適性が向上します。工務店は、住まい手のニーズやライフスタイルを考慮しながら、回遊性のある間取りの提案を行い、より使いやすく、居心地の良い住まいを実現しています。

8.2 工務店の役割

8-2では、工務店の役割について見ていきましょう。工務店は、住まい手のニーズや要望に基づいて、最適な回遊性のある間取りを提案する重要な役割を果たしています。具体的には、家族のライフスタイルや生活動線の考慮、部屋の配置や動線の最適化、プライバシーの確保、冷暖房の効率化などを追求しながら、住まいの設計を行っています。また、工務店は、建材や設備においても品質や耐久性、エネルギー効率を考慮し、住まいの快適性と環境への配慮を両立させます。住まい手の立場に立ちながら、的確なアドバイスを行い、理想的な回遊性のある間取りを実現するためのパートナーとして活動しています。

イースタイルホーム
ロゴ
自由設計の注文住宅サービスを適正価格で提供いたします。ライフスタイルに合わせた設計、環境に優しい素材の選定、そして長期にわたる保証制度まで、愛知で、住み続けたいと思える家づくりを徹底サポートします。
イースタイルホーム

〒476-0003

愛知県東海市荒尾町41-1