注文住宅での理想の間取りの作り方

query_builder 2024/06/13
注文住宅で、自分たちの理想や夢を形にすることこそが大きな魅力です。特に間取りは生活を直接左右するため、自分たちのライフスタイルに合ったものをしっかり計画することが大切です。この記事では、注文住宅で自分たちと家族の生活にフィットした間取りを作るためのポイントを詳しく解説します。
イースタイルホーム
ロゴ
自由設計の注文住宅サービスを適正価格で提供いたします。ライフスタイルに合わせた設計、環境に優しい素材の選定、そして長期にわたる保証制度まで、愛知で、住み続けたいと思える家づくりを徹底サポートします。
イースタイルホーム
住所:

〒476-0003

愛知県東海市荒尾町41-1

電話番号:
0120-131-062

注文住宅と標準住宅の違い

注文住宅と標準住宅、その大きな違いは「自由度」です。注文住宅は間取りから設備まで、全てを自分たちの希望に合わせて選ぶことができます。

注文住宅の特徴

注文住宅は、自分たちのライフスタイルや価値観を実現できる住まいです。間取りだけでなく、部屋数や設備、資材、デザインなど、全てを自由に選ぶことができます。

例えば、家族が多ければ子供部屋やゲストルームを追加することができますし、料理が好きな人には広いキッチンを作ることも可能です。また、趣味や特技に合わせて部屋を造ることもできます。自分たちの好みやライフスタイルに合わせた家づくりができるので、住む人の満足度も高くなるでしょう。

注文住宅の特徴として、間取りはもちろんですが、設備にもこだわることができます。例えば、床暖房やエアコン、浴室の機能性など、自分たちの快適な生活をサポートする設備を選ぶことができます。

また、注文住宅は資材やデザインにもこだわりがあります。自分たちがこだわりたい素材や色、デザインを選ぶことができるため、他の住宅とは違った個性的な家を作ることができるのです。

注文住宅での間取り作りは、自分たちの理想や夢を形にするための大きな魅力です。家族の生活スタイルやライフスタイルを考慮しながら、自由に間取りを設計することができます。住む人たちの生活にフィットした間取りが実現できれば、より快適な暮らしを送ることができるでしょう。

間取りだけでなく、設備や資材、デザインなども自由に選ぶことができる注文住宅は、住む人たちの好みやライフスタイルを反映することができる理想の住まいです。自分たちが思い描く家を実現するために、間取りづくりにこだわってみませんか。

標準住宅の特徴

標準住宅はあらかじめ設計された間取りや設備を選ぶことが主な特徴です。一般的な間取りや設備を採用することで、コストや工期を抑えることができるため、比較的手頃な価格で住宅を建てることができます。

標準住宅は、既存のプランに準じるため、間取りの自由度は低めです。特に個々の要望に合わせたカスタマイズは難しい場合もあります。しかし、間取りや設備、デザインなどがあらかじめ選択肢として用意されているため、選ぶ楽しみやワクワク感もあります。

また、標準住宅は大手ハウスメーカーや建設会社などが提供していることが多く、信頼性や品質が高いという利点もあります。また、一定の標準があるため、住宅ローンの審査や保険の加入などもスムーズに進むことが多いです。

一方で、標準住宅の場合、他の住宅と似たような外観や間取りとなる場合もあります。個性を重視する方や自分たちのこだわりを反映させたい方には、あまり適していないかもしれません。

標準住宅の特徴を理解したうえで、自分たちの要望や予算、期間などに合わせて選択することが大切です。注文住宅と比較しながら、自分たちに合った最適な住まいを見つけることができるでしょう。

標準住宅は、あらかじめ設計された間取りや設備を選ぶことが特徴となっています。自分たちで間取りや設備を自由にカスタマイズすることは難しいですが、一定の標準があり信頼性や品質が高い点が魅力です。しかし、他の住宅と似たような外観や間取りとなる場合があるため、自分たちの個性やこだわりを反映させたい場合にはあまり適していないかもしれません。自分たちの要望や予算、期間に合わせて、注文住宅と標準住宅の特徴を比較し、最適な選択をすることが重要です。

間取りの基本知識

間取りを考える上で、基本的な知識を身につけておくことが大切です。それによって、自分たちが求めるライフスタイルを実現する間取りを設計できるようになります。

間取りの種類

間取りの種類には、一戸建て、二世帯住宅、マンションなどがあります。それぞれの間取りには、略語が使われることもあります。例えば、一戸建ての場合、リビング・ダイニング・キッチンを指すLDKやダイニング・キッチンを指すDK、また、サービスルームを指すSなどの略語があります。

一戸建ての場合、広々とした敷地に家を建てることができます。多くの場合、玄関を入ってリビング・ダイニング・キッチンが一体となったLDKが中心となり、個室やバスルームなどが配置されます。間取りの自由度が高いため、家族構成やライフスタイルに合わせた間取りを選ぶことができます。

二世帯住宅は、複数の世帯が一つの建物を共有する形態です。独立した入り口や居室を持ち、プライバシーが確保された間取りが特徴です。共有スペースとしてリビング・ダイニング・キッチンが設けられ、それぞれの世帯が快適に生活できるように工夫されています。

マンションの間取りは、限られたスペースを有効活用するために工夫がされています。多くの場合、リビングとキッチンが一体となったLDKが中心となり、個室やバスルームなどが配置されます。また、共用施設が充実していることも多く、住民同士の交流や快適な生活をサポートする機能が備わっています。

それぞれの間取りには、特徴がありますが、その中でも自分たちのライフスタイルや家族構成、将来的なライフプランに合った間取りを選ぶことが大切です。自分たちの暮らし方にフィットした間取りを選ぶことで、より快適な住まいを実現することができるでしょう。

間取りの種類には、一戸建て、二世帯住宅、マンションなどがあります。一戸建てでは、広々とした敷地に家を建てることができます。リビング・ダイニング・キッチンが一体となったLDKやダイニング・キッチンの略であるDKという用語が使われます。また、サービスルームを指すSといった略語もあります。

二世帯住宅は、複数の世帯が一つの建物を共有する形態です。それぞれの世帯が独立した入り口や居室を持ち、プライバシーが確保された間取りとなっています。

マンションの間取りは、限られたスペースを最大限に活用するために工夫されています。リビングとキッチンが一体となったLDKや、個室やバスルームなどが配置されます。

それぞれの間取りには、特徴がありますが、自分たちのライフスタイルや家族構成、将来的なライフプランに合わせた間取りを選ぶことが重要です。自分たちが快適に生活できる間取りを選ぶことで、理想の住まいを実現することができるでしょう。

シチュエーションに応じた間取り

シチュエーションに応じて適切な間取りを考えることが大切です。例えば、子育て世代の場合、子供部屋の配置や共有スペースの広さ、安全性などを考慮する必要があります。また、高齢者と同居している家庭では、バリアフリーな設計やプライバシーの確保などが求められます。

子育て世代の間取りでは、子供の成長や将来のライフスタイルを見据えて、子供部屋の配置や使い勝手を考えることが重要です。また、共有スペースの広さも重要で、家族が集まるリビング・ダイニング・キッチンを広く取ることで、家族のコミュニケーションを大切にする間取りを作ることができます。

高齢者と同居している家庭では、バリアフリーな設計が求められます。階段の昇り降りや浴室の利用がしやすいように、段差をなくしたり手すりを設置したりすることが重要です。さらに、個室のプライバシーを確保するため、各部屋の配置や間取りにも工夫が必要です。

シチュエーションに応じた間取りを考える際には、家族の将来のライフスタイルも見据えておくことが重要です。子供が成長し独立することや、介護の必要性が生じることなどを考え、将来的な変化に対応できる間取りを設計することが求められます。柔軟性を持たせるために、部屋の使い道を変えられるようなデザインや、増改築がしやすい構造を選ぶことも有効です。

シチュエーションに合わせた間取りを考えることで、より快適な生活を送ることができます。自分たちの家族構成やライフスタイルを考慮し、将来の変化にも対応できる間取り作りを心掛けましょう。

間取りの計画方法

理想の間取りを実現するためには、計画段階からしっかりと時間をかけることが必要です。その具体的な方法などを紹介します。

ライフスタイルを明確にする

間取りを計画する上でまず重要なのは、自分たちの生活スタイルをはっきりさせることです。家族のライフスタイルや日常の動線、好みの空間などを明確にすることで、より理想に近い間取りを設計することができます。

まずは、家族の構成や年齢、趣味や特技、仕事の形態など、家族一人ひとりのニーズを把握しましょう。例えば、子供がいる場合は子供の成長に合わせた子供部屋や遊びのスペースを考慮する必要があります。また、在宅勤務が多い場合は、仕事スペースや集中できる環境を確保することが重要です。

次に、日常の動線を考えます。ベッドルームとバスルーム、リビングとキッチン、玄関と駐車場など、生活の中で頻繁に行き来する場所をスムーズに移動できるように配置しましょう。また、家事のしやすさや家族のコミュニケーションに配慮して、共有スペースの広さや配置を計画することも大切です。

さらに、自分たちの好みやライフスタイルに合った空間を考えましょう。開放的なリビングや快適な寝室、趣味や特技を楽しむためのスペースなど、自分たちの好きな要素を取り入れることで、より満足度の高い住まいを実現できます。

ライフスタイルを明確にし、その上で間取りを計画することで、理想の住まいに近づくことができます。自分たちのニーズや動線、好みを把握し、それを反映させた間取りを作り出しましょう。住む人が快適に過ごせる間取り作りは、家族の絆を深め、充実した生活を送るための大きな要素です。

プロのアドバイスを活用する

専門家のアドバイスも間取り計画に活用しましょう。建築家や住宅会社のスタッフなど、プロならではの知識や経験を活かした提案は、より良い間取り作りにつながります。

プロのアドバイスを受けることで、自分たちが気づかなかった視点やアイデアを得ることができます。建築家はデザインや空間構成においての専門知識を持ち、住宅会社のスタッフは間取りに関する実務経験を持っています。彼らとのコミュニケーションを通じて、自分たちの希望やニーズを伝え、最適な間取りを共に考えることが大切です。

プロのアドバイスを活用することで、間取りの効率性や快適性を高めることができます。彼らは様々な間取りの改善点や工夫点を知っており、最新のトレンドや技術も把握しています。そのため、自分たちの要望を踏まえながら、より効果的な配置や使い勝手の良いデザインを提案してくれるでしょう。

また、プロのアドバイスは予算や工期の面でも役立ちます。彼らは建材や設備などの選定にも精通しており、予算内で最善の選択をサポートしてくれます。さらに、工期の短縮や予防対策など、効率的な工事の進め方についてもアドバイスを受けることができます。

プロのアドバイスを活用することで、より理想の間取りが実現できます。彼らとのコミュニケーションを通じて、自分たちの要望やライフスタイルに合った間取りを具体的にイメージしましょう。専門家との協力は、より快適で満足度の高い住まいづくりを実現するための大きな力となるでしょう。

間取りの例

ここでは、具体的な間取りの例をいくつか紹介します。参考にしながら、自分たちの理想の間取りを見つけてみてください。

ファミリータイプ

ファミリータイプの間取りでは、家族全員が集まるリビング・ダイニング・キッチン(LDK)を広く取ることが一般的です。家族のコミュニケーションを重視し、一緒に過ごす時間を大切にするために、開放的で快適な空間が求められます。

LDKは、家族がくつろぎながら料理や食事を楽しめる場所です。広めのリビングエリアには、ソファやテレビなどを配置し、家族が集まってくつろげるようにしましょう。また、ダイニングエリアは、食事をするだけでなく、宿題や仕事をするスペースとしても利用できるように工夫すると良いでしょう。キッチンは、家族が一緒に料理を楽しむことができるように配慮し、必要な設備や収納スペースも忘れずに確保しましょう。

また、ファミリータイプでは子供部屋の配置も重要です。子供部屋は、子供たちが集中して勉強や遊びに取り組める空間として計画されるべきです。また、子供部屋に近くには、子供たちが使うトイレや洗面所を設けると便利です。さらに、収納スペースも重要で、おもちゃや学用品などを整理整頓できるように工夫しましょう。

ファミリータイプの間取りは、家族が心地よく過ごせるように配慮した間取りです。家族のコミュニケーションを促進し、共有空間を重視することで、家族の絆を深めることができます。自分たちの家族のライフスタイルや要望に合わせ、理想のファミリータイプの間取りを作り上げましょう。

カップルタイプ

カップルタイプの間取りでは、二人のプライバシーを確保しつつも、程よい距離感を保つことが重要です。共有スペースとプライベート空間のバランスを考えながら、快適な暮らしを実現しましょう。

カップルタイプの間取りでは、リビングルームやダイニングエリアを中心に配置することが多いです。広めのリビングエリアには、ソファやテレビ、リラックスできるスペースを設けて、二人のくつろぎ場として活用しましょう。また、ダイニングエリアは、食事を楽しむスペースとして、二人の特別な時間を演出することもできます。

プライベート空間としては、主寝室を重視しましょう。快適な睡眠をサポートするために、良好な環境づくりが必要です。クローゼットや収納スペースも確保し、衣類や持ち物を整理整頓できるようにしましょう。また、カップルの時間を共有するためのスペースも考慮しましょう。例えば、読書や趣味に集中できるスペースや、二人でおしゃべりできるスペースなどがあります。

カップルタイプの間取りでは、二人の生活スタイルに合わせて、機能的かつ快適な空間を作り上げることが大切です。プライバシーを尊重しながらも、共有スペースでのコミュニケーションにも配慮しましょう。自分たち二人の好みやライフスタイルを反映させた間取りづくりが理想のカップルタイプの住まいを実現します。

間取りに関する誤解

間取りに対する誤解や、避けるべき間取りの特徴を紹介します。適切な知識を持つことで、後悔しない間取り選びができます。

広ければ良いわけではない

広い間取りが良いと思われがちですが、広ければ必ずしも良いわけではありません。間取りの広さだけでなく、機能性や使い勝手、快適さなど、さまざまな要素を考慮する必要があります。

まず、間取りの広さにこだわると、建物の面積が増え、それに伴い建築費用も上昇します。また、維持費や光熱費なども増加するかもしれません。広い間取りを求める一方で、予算や経済的な負担も考える必要があります。

また、広い間取りがあるからといって、必ずしも快適に暮らせるわけではありません。実際に生活してみると、動線が長くなったり、掃除や片付けが大変になったりすることもあります。家族のコミュニケーションが希薄になる場合もあります。間取りの広さだけでなく、機能的な配置や使い勝手の良さも重要な要素です。

また、間取りの広さよりも、効果的な収納スペースや使い勝手の良いレイアウトが重要な場合もあります。生活の中で必要な物の収納がしやすく、使いやすい間取りを選ぶことで、快適な暮らしを実現できます。

間取りを選ぶ際には、広さだけでなく、家族のライフスタイルや好み、予算、環境とのバランスなど、様々な要素を総合的に考慮することが重要です。目先の広さにこだわらず、快適で機能的な間取りを選ぶことで、より満足度の高い住まいを実現できるでしょう。

間取りが固定的であること

間取りが一度決まれば、変更することが難しいと思われがちですが、注文住宅であればそれは必ずしも正しくありません。間取りが固定的なのは、標準住宅などプランがあらかじめ設定されている場合です。

注文住宅では、間取りの変更やカスタマイズが可能です。家族のライフスタイルの変化や将来のニーズに合わせて、間取りを再構築することができます。子供が成長し部屋の使い方が変わったり、仕事のスタイルが変わったりした場合でも、柔軟に対応できます。

また、リフォームや増改築の機会がある場合も、間取りの変更が可能です。家族の要望やニーズに合わせて、部屋の仕切りや配置を変えたり、新たなスペースを追加したりすることができます。

しかし、間取りを変更する際には、注意が必要です。構造上の制約や法的な制約、工事の費用や工期など、様々な要素を考慮する必要があります。また、変更によって他の部分に影響を及ぼす可能性もあるため、専門家のアドバイスを受けながら計画することが重要です。

間取りが固定的であると思われがちですが、注文住宅では柔軟に変更できる可能性があります。自分たちのライフスタイルやニーズに合わせて、間取りのカスタマイズや変更を検討しましょう。専門家の助言を得ながら、理想の住まいを実現するための計画を進めることが大切です。

間取りを選ぶ際のポイント

間取りを選ぶ際のポイントについて解説します。長く愛着を持って住み続けるためには、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

ライフスタイルとのマッチング

理想の間取りを選ぶためには、自分たちのライフスタイルや家族構成、将来のライフプランと間取りがマッチしていることが大切です。

まずは、自分たちのライフスタイルを考慮しましょう。家族全員の日常の動線や生活リズム、共有する時間や活動など、家族の習慣や嗜好に合わせた間取りを選ぶことが重要です。例えば、朝のバタバタを避けるために、洗面所やトイレが密接につながる配置を選ぶことができます。

また、家族構成に応じた間取りも考慮しましょう。子供の数や年齢、老いた親と同居しているかどうかなど、家族の状況を反映させた間取りを設計します。子供がいる場合には子供部屋の配置やプライバシーの確保が重要ですし、高齢者がいる場合にはバリアフリーな設計や転倒予防の配慮が必要です。

さらに、将来のライフプランも考慮しましょう。子供が成長し実家を離れる時や、定年退職後の生活スタイルの変化など、将来の変化にも対応できる間取りを選ぶことが重要です。柔軟な間取りを計画することで、将来の変化に合わせた住まいになるでしょう。

間取りを選ぶ際には、自分たちのライフスタイルや家族構成、将来のライフプランとのマッチングを重視しましょう。快適な生活を送るためには、間取りが家族のニーズや習慣に合っていることが不可欠です。自分たちの理想の住まいを実現するために、ライフスタイルと間取りのマッチングを意識しながら計画しましょう。

将来のライフスタイルを想像する

間取りを選ぶ際には、現在だけでなく将来のライフスタイルも想像することが重要です。家族の将来の変化やライフプランを考慮し、より長く愛着を持って住み続けるための間取りを選びましょう。

例えば、子供の成長や独立を見越して、子供部屋の使い方を考えることが必要です。将来的には子供部屋を書斎や趣味の部屋に変えることを考えるかもしれません。また、将来的に高齢者と同居する可能性がある場合には、バリアフリーな設計やプライバシーの確保を考慮すると良いでしょう。

また、自分たちの将来のライフスタイルに合わせて、趣味や特技を楽しむためのスペースを設けることも考慮しましょう。趣味や特技がある場合、そのための専用のスペースや工作部屋、音楽室など、自分たちの夢や好みを反映した間取りを選ぶことができます。

将来の変化を想像しながら間取りを考えることで、長く住み続けるための住まいを実現することができます。柔軟な間取りや変更の余地を持たせることで、将来の変化に対応できるような計画を立てましょう。

将来のライフスタイルを想像することは、家族の成長や変化に合わせた住まいづくりのために重要です。自分たちの将来のビジョンや夢を念頭に置きながら、間取りを計画しましょう。将来を見据えた間取り選びは、より快適で満足度の高い暮らしを実現するための一歩となるでしょう。

間取りを考える際の注意点

間取りを考える際には、以下のような注意点を意識すると良いです。

自然光や風通し

間取りを考える際には、自然光や風通しといった生活環境を左右する要素も重要です。室内に自然光が取り入れられることは、快適な居住環境をつくるための大切な要素です。

まず、窓の設置や配置を考慮しましょう。南向きの窓は、一日を通じて明るい光を取り入れることができます。また、採光窓やスカイライトなどをうまく配置することで、室内に自然光が差し込むように工夫しましょう。光が入りやすい配置を計画することで、室内を明るく開放的な空間にすることができます。

また、風通しの良さも忘れてはなりません。風の通り道や風の向きを考慮し、窓やドアの配置を工夫することで、自然の風を取り入れることができます。これにより室内の換気や温度調節がスムーズに行え、快適な環境を作り出すことができます。

ただし、風通しや採光を重視する際にも注意が必要です。直射日光や強風が部屋に当たりすぎると、逆に快適さを損ねることがあります。適切な日射遮蔽や窓の遮熱対策、風除室の設置などを検討することで、必要な採光や風を取り入れつつ、過度な日照や風の影響を和らげることができます。

自然光や風通しを考慮した間取りは、居住環境を快適にするだけでなく、節電や省エネにも貢献します。自然の恩恵をうまく取り入れながら、快適な生活を実現するために、間取り計画に自然光や風通しを意識して取り組んでみましょう。

プライバシーの確保

家族のプライバシーも重要な要素ですので、間取りを考える際にはプライバシーの確保も意識しましょう。

まず、個々の部屋の配置や仕切りを考えることが大切です。寝室や書斎など、プライベートな空間を用意することで、各メンバーが自分の時間を過ごすことができます。また、家族全員がくつろげる共有スペースとプライベートスペースとのバランスも考慮しましょう。

プライバシーの確保には、適切な間仕切りも重要です。例えば、建具やパーテーションを活用することで、必要に応じて部屋を仕切ることができます。可動式のパーテーションや引き戸などを利用することで、開放的な空間とプライベートな空間を柔軟に切り替えることができます。

また、音や匂いの伝播にも注意を払いましょう。適切な断熱や遮音材の使用により、家族同士の生活音が気にならないようにすることができます。また、キッチンやバスルームの排気換気や換気扇の設置など、臭いのこもりにくい工夫もプライバシーの確保に役立ちます。

プライバシーの確保は、家族が互いにリラックスできる環境を作るために重要です。家族のメンバーがプライベートな時間や空間を持つことで、個々のリフレッシュや集中力の向上にもつながります。それぞれのプライバシーを考慮しながら、家族が心地よく過ごせる間取りを計画しましょう。

まとめ

注文住宅の間取りは、自分たちのライフスタイルに合ったものを作り上げる楽しさがあります。同時に、その間取りが日々の生活を左右するという重要性も持っています。

注文住宅の間取りのメリット

注文住宅の間取り作りには、いくつかのメリットがあります。

まず、注文住宅では間取りを自由にカスタマイズできます。自分たちのライフスタイルや家族構成に合わせて、理想的な間取りを設計することができます。部屋の数やサイズ、配置、設備など、すべてを自分たちの希望に合わせて選ぶことができるのです。

さらに、注文住宅の間取りは将来の変化にも柔軟に対応できます。子供が成長し部屋の使い方が変わったり、介護が必要になったりする場合にも、間取りの変更や増改築が可能です。柔軟性のある設計を取り入れることで、住まいが家族の成長や変化にフィットし続けることができます。

また、注文住宅では自分たちの個性を表現できます。間取りだけでなく、デザインや資材の選定も自由に行うことができます。自分たちの好みやこだわりを反映させることで、他の住宅とは一味違った個性的な住まいを実現できます。

さらに、注文住宅の間取りは心地よい生活環境を作り出すことができます。自然光や風の取り入れ方を考慮したり、プライバシーの確保に配慮するなど、快適さや居住性を追求することができます。

注文住宅の間取りは、自分たちの希望やライフスタイルを反映することができるため、特に魅力的です。間取りを自由にカスタマイズし、将来の変化にも柔軟に対応できる注文住宅は、理想の住まいを実現するための手段として最適です。自分たちの個性やこだわりを思う存分に表現し、快適で満足度の高い住まいを手に入れましょう。

後悔しない間取り選びを

後悔しない間取りを選ぶためには、いくつかのポイントに注意することが重要です。

まず、ライフスタイルに合った間取りを選ぶことがポイントです。自分たちの日常生活や家族の状況に合わせて、必要なスペースや機能を考慮しましょう。将来の変化も予測しながら、柔軟に対応できる間取りを選ぶことが後悔を避ける秘訣です。

また、実際に間取りをイメージするために、家具や家電の配置も考えることが大切です。間取り図だけではわかりづらい部分があるかもしれません。家具のサイズや形状、家電の設置場所を考えながら、実際の生活シーンをイメージして間取りを検討しましょう。

さらに、専門家のアドバイスや経験も活用することが役立ちます。建築家や住宅会社のスタッフなどに相談し、プロの視点から提案を受けることで、間取りに関するベストな選択ができるでしょう。

最後に、後悔しない間取り選びのためには、じっくりと検討し、様々な視点から考えることが大切です。急いで決めずに、家族とじっくり話し合い、希望や不安、要望をしっかりと整理しましょう。慎重にプランニングを進めることで、後悔することなく理想の間取りを実現することができるでしょう。

後悔しない間取り選びは、自分たちの要望や将来の変化を考慮し、専門家のアドバイスを活用することが重要です。慎重な検討とプランニングを行い、理想的な間取りを選ぶことで、満足度の高い住まいづくりを実現しましょう。

イースタイルホーム
ロゴ
自由設計の注文住宅サービスを適正価格で提供いたします。ライフスタイルに合わせた設計、環境に優しい素材の選定、そして長期にわたる保証制度まで、愛知で、住み続けたいと思える家づくりを徹底サポートします。
イースタイルホーム

〒476-0003

愛知県東海市荒尾町41-1